平成30年12月2日のお稽古☆切磋琢磨、表情と視線と声とセリフ。

切磋琢磨

気づけば、12月。
12月1日の土曜日は不肖武藤の教え子が稽古場に遊びに来てくれました!
久々に元気な顔が見られて、ぼくはとっても嬉しかったです☆
そんな彼女が口にした言葉。
「切磋琢磨」
ぼくにとってはとっても懐かしく、そして、新しい言葉でありました。

今回ぼくはクレオン王として、舞台に立ちます。
お客様の御前に出る以上、中途半端な事はできません。
ですので、若い人間に混じって、切磋琢磨します。

そんな折、長谷川が…

とつぶやいておりました。
ぼくを超えるのは簡単です。
なぜならば、役者を辞めた(この話は長くなるのでまた別の機会に)ぼくに持ってないものを我が座員は持っていますし、それに、ぼくよりも動けばいいだけの話ですから☆

言葉・・・

この間、「言葉」について話していました。とても尊敬している人と。
その人が書く「言葉」、しゃべる「言葉」がぼくは大好きなのです。その人の「言葉」には重みというか…深さというか…なんというか…こちらに語りかけてくるものがあります。
そう言えば以前座長が・・・

ブログで語っておられた。
言葉について。その一部をひくと、
「言葉の力は侮れません。」
という一文がある。
ぼくは全くそのとおりだと思っている。

言葉には力があり、それはコントロールできるようでできない…自然の力のようでもある、とぼくは感じています。

そして・・・表情と視線と声とセリフ

そうした言葉がたくさん交わされ、一つのシーンとなり、シーンが重なり、幕となり、幕が連なり、舞台となる・・・ぼくらは今、その舞台を創っています。
この根本でもある、”交わされる言葉”。
これに真実味を持たせ、真情を吐露するのに不可欠なのが、表情と視線と声だと考えています。

稽古では、表情も視線も声も・・・どれも大切にしています。
例えば視線も、強さや方向、大きさという概念もあるのではないか、という観点でそれぞれの役について役作りを行っております。

そして・・・

松井もつぶやいておるとおり、この時期は、練習や稽古が増えていきます。
時間も場所も有限ですので、限られた練習・稽古しかできない場合もあります。
しかしながら・・・このつぶやきのように、全身全霊を使って”バタンキュー”するくらい、常に挑み続けることこそが、新和座の根底にあるものなのです。

座長も

と申しております。

いよいよ次回の指定稽古日から、でこぼこギアの森田さんが参戦!!!
より王女メディアの作品作りが加速していきます!!!ご期待ください☆☆

今日からの1週間、素敵な笑顔が行き交う1週間でありますように。
文芸部武藤でした!


新人公演、いや、チャレンジシアター。

新人と言っても・・・

稲木、西村。
新人と言っても、もう新和座に来て1年以上経ちます。
ぼくの中では「若い」「羨ましい」とは思っても、そろそろ「新人」ではないのかな、とも感じています。

 

 

 

この二人が頑張っている稽古場。
先輩たちも頑張っています。

 

 

かつて悩んだこと

この二人が今現在悩んでいることは・・・かつて先輩たちが悩んでいた事かもしれません。
そして、二人が平気な顔をしてやっていることが・・・実は先輩たちが今直面している問題かもしれません。
つまり、経験の差はあるかもしれませんが・・・問題や悩みというのは、色々な要素を含んでいるように思います。

ですので、そうした疑問・悩み・問題というのは先輩/後輩関係なく存在し、解決にもやはり、先輩だからとか後輩だからとか関係なく、解決の緒は稽古場に転がっていると考えています。

やっている風の演出者(今回は監修)

平成30年10月14日のお稽古風景☆私たちが目指すもの。

それでもなお、まだ

王女メディアをやり始めてから、何ヶ月か経っています。
しかし、まだ、初見のところがあったりします。

それはなぜか。
新和座にしては珍しく?!シーンを何回も創り直しているからです。

今回のぼくらの作品は新たなスタートを切る作品でもあります。
ネクストチャレンジシアターとして、稲木・西村に頑張ってもらう公演でもあります。
ですので、このーーー新和座にとってとても大切な作品ーーー王女メディアを選びました。

だからこそ、今は時間をかけてやっております。

 

 

俳優も演出も色々感じているようです

この大切な作品に向かう時。
ぼくも含めて、それぞれ、色々な想いを感じているようです。

 

 

 

 

 

座長が個人ブログでも書いておられる通り、

そのうえで、願わくば、

メディアのことを嫌悪してほしいですし、

それゆえに好きになってもらえたら

最高だなぁと思います。

というようには非常に難しいと思いますが…しかし、これが究極な形とも言え、私たちが目指しているものだと考えています。

 

 

私たちが目指すもの

私たちが目指すもの。それはサイトにもかいてありますが・・・「真情の吐露」です。
舞台上でその役として生き、そして、その生きる目標、死生観を表すことができるか。
人間としての魅力をお客様に見ていただけるか・・・これが目指しているものです。
そのためには・・・様々な工夫、やり方が無数にある努力をしていかねばなりません。

これはまた別の機会に記載したいと思いますが・・・その一つは他人に興味を持ち、他人を意識するということも一つのように思います。
そして、それらを通じ、自分の役の真情が吐露し始めた時、役は舞台上で生きはじめるのだと、ぼくは考えています。

今日からの1週間、ワクワクドキドキする出来事盛りだくさんの1週間でありますように☆
文芸部武藤でした♪


平成30年9月23日のお稽古風景☆表情と仕草と。

座員それぞれが・・・

劇団新和座の指定稽古日。
前回の稽古日から各々の課題に向き合い、そして、指定稽古日に出す。
自分の為の稽古ではなく、まずは他人の為に稽古をする。
これが私たちの考えでもあります。

 

 

 

 

 

 

演出チームも・・・

演出チームもどんどん煮詰まってきております!
俳優が色々チャレンジしている。それに呼応するように演出チームも様々なプランを何度も練り直します。

 

 

 

 

 

小さいかもしれませんが・・・

少しだけ…ほんの少しだけかもしれませんし・・・世の中から見れば本当に小さい変化かもしれません。
が。
顔、仕草が役に近づいているのではないか、と感じました。
これからまだまだ磨きますが…制限が徐々に取れてきているのは確かです。
稽古場で俳優や演出が・・・自分自身で制限していたら…本番ではもっともっとも小さくなってしまいます。
だからこそ、ぼくたちはリミッターを外します。

ぼくたちは・・・王女メディアという作品とそれぞれの登場人物に向かい合い、更に更に創ってまいります!

 

 

そして☆

 

 

 

梨沢は1回おやすみ☆
石井も稽古場に来たり、新人たちも連携がとれてきたり☆
ぼくたちは更に更に進化してまいります!
是非ともご期待下さい☆☆☆

今日からの1週間また、素敵な出来事がたくさん訪れる1週間でありますように♪
文芸部武藤でした☆


ゼウス

ギリシャ悲劇「王女メディア」にはその姿こそ現れませんが、登場人物の会話の中で様々な神々の名前がでてきます。

今回はギリシャ神話の中でも外すことのできない、主神であるゼウスについて、調べてみました。

ゼウスは、天候、特に雷を司る天空神であったそうです。
また、オリュンポス十二神をはじめとする神々の王でもあるのです。

オリュンポスの神々の家族および人類の両方の守護神であり、また支配神で、神々と人間たちの父とも考えられていたそうです。聖獣は鷲、聖木はオーク。聖地として、4年ごとに彼の栄誉を祝福してオリンピック大祭が開かれたオリュンピアだそうです。

とある文献によると、ギリシア神話に登場する男性の神々は好色だったようで、女性関係が派手(だらしない)と言われているそうです。ゼウスの正妻は姉妹でもある女神ヘラなのですが、姉のデメテール等の女神をはじめ、多くの人間の女性とも交わったそうで、多くの子をもうけたとされています。

ちなみにゼウスと人間の女性の間に産まれた子とされる英雄を半神(ヘロス)というそうです。古代ギリシアでは下級の神として広く祀られた。ゼウスは人間と交わる時には別の人物や動物に変身したとされており、黄金の雨や白鳥などの獣の形に変身したといわれているそうです。

これは完全に個人的な意見ではありますが・・・
ぼくがモテるためには…ギリシャ神話の神々をもっと研究する必要があるようです・・・・


平成30年9月16日のお稽古風景☆化け物とメディアと。

今日の稽古場には・・・

今日の稽古場にはでこぼこギアの林勇作さんが遊びに来てくださいました☆
林さんは何度も新和座の舞台に関わっていただいており、今日もお忙しいところ遊びに来てくださいました!
そればかりか、台本を読んでいただいたりと!!!ありがとうございます!!

化け物の話

更に今日は…


メディアの稽古前に・・・
「自分の中にいる化け物」の話をしました。
これは、ぼくが20代の時に蜷川幸雄先生から・・・たしか講演会だったか、公開稽古だったか、研修会だったかで聞いたお話の受け売りなのですが・・・
先日、座長とこの話になった時に、稽古場でも話してみましょう、やってみましょう、ということで本日の稽古で実践いたしました。

僕自身としては・・・この化け物というものの解釈は様々あると思っていますが・・・
その一つとして、この”化け物”は本来、俳優が誰でももっているものだと思っていて・・・
その化け物を覚醒させ、コントロールできるようにするためには・・・
演出(文芸)の力が2割、俳優の向き合い方が7割、運が1割だと思っています。
そして、このどれかが欠けてもうまく覚醒しないのではないかとも考えています。

蜷川先生が仰っていたこと、全てを再現することもできませんし、ひょっとすると的外れの事をしているかもしれません。

しかし、素晴らしい俳優さんには、どこか「人以外の魅力」を感じてしまうのです。

そして・・・メディア

もちろん、メディアの台本稽古もバッチリやりました!
一つの作品に向かい、総員で考え、試す。
試し、壊し、壊し、試す。何回も何回もやり直す。

座長が申しておるとおり・・・ぼくらは一回でできるなんて思っておりません。
しかし、真摯に向き合っているから、悔しさが出て、すぐ次にやりたくなる。ぼくは稽古というものはこうした気持ちがあって初めて成されるものだと考えています。

何回も創っては創り直し。
答えのないモノへの挑戦をしてまいります!

ネクストチャレンジシアター「王女メディア」
は2019年1月19日〜20日、池袋 アトリエ第七秘密基地にて!
是非、ご期待下さい!!

今日からの1週間、また、素敵な笑顔が行き交う1週間でありますように♪
文芸部武藤でした☆


劇団にしかできないこと。劇団だからできること。

ディズニーシーを経て

実は・・・ディズニーシーの帰りに・・・ものすごいトラブルに見舞われたぼくたち。

JR京葉線は終日運休 線路からの発煙で
JR東日本は9日、線路内で発煙があり運転を見合わせていた京葉線の一部区間を終日運休にすると明らかにした。

同社によると、9日午後3時半ごろ、JR京葉線新木場-葛西臨海公園間の下り線で、線路付近から煙が上がっているのを乗務員が見つけた。京葉線は東京-南船橋間と西船橋-市川塩浜間の上下線で運転を見合わせたが、いったん消火した後も火花が発生するなどし、再開のめどが立っていないという。

日曜日ということもあり、沿線の東京ディズニーランド(TDL)など行楽地を訪れた人たちが足止めされ、最寄り駅には長い行列ができていた。

産経新聞から引用

そうなのです…帰りの電車が止まっていたのです・・・
これは大変。
最終的には、その日のうちに全員帰る事ができました。

 

出来ることをする。他人の出来ないことをやる。

ディズニーシー内でも、座員間の連携はとれていたと感じています。

例えば、パーク内の地理を完全に把握し、それを活かして、全体行動について立案する者。
例えば、パーク内のアトラクションの時間を完全に把握し、それを活かして、行動提案する者。
例えば、アトラクションに並んでいる時間、みんなが退屈しないように、気を配る者。

挙げれば色々ありますが・・・
10人の団体行動の時には、10人それぞれが特性を活かして、進まなければなりません。
本人たちの中には
「自由に動いただけです」
と思っている人間もいるかもしれませんが・・・

自分が出来ることが他人に出来ることとは限りません。
自分に出来ることが他人に出来ないことかもしれません。
また反対に
他人が出来ることが自分に出来ることではないのです。

こうして、自分の持っているもの、持っていないものを把握して、一つの目標に向かい、連携して行動していく。

こうした連携が私達にも少しできるようになってきたのかな、と思うと非常に嬉しいのであります。

 

パークを出ると・・・

楽しいひと時を経て・・・パークを出ますと・・・先述しましたようなトラブルが・・・
ここでも、各自連携を取りながら・・・結果、自宅に帰ることができました。

・代替えの案を探すもの
・地図を確認するもの
・元気づけるもの
・連絡を取り合うもの

こうした一つ、一つの行動が成果につながっていると感じています。
誰一人、誰一人の行動も無駄ではなく、座という一つの塊には必要なのです。

ぼくは改めて感じました。
劇団にしかできないことがある。劇団でなければ出来ない事がある。
そして、新和座でしかできないことがある。
そう感じたのです。

もちろん、公演稽古に入り、まだまだやることはたくさんありますし、
「新和座でなくても、ねぇ」
と思われることもあると思います。

しかしながら、我々が自分自身を信じ、我々にしかできないものをお届けする。
この決意が新たにあった、この団体行動でありました!