ユニーク

石井と言ったら座長。
長谷川と言ったらグーフィー。
梨沢と言ったらねこ。
松井と言ったらいちご。
まこといったらポケモン。
中原と言ったら論文。
稲木と言ったらゼロ。
西村と言ったら、西。
小川と言ったらキャリーケース。
古川と言ったら楽団。
いとうと言ったらシャア・アズナブル。

2017-10-16a

▼ぼくから見た座員のイメージです。
もちろんこの他にもいろいろなイメージがあります。名前や容姿の他に人にはある事柄(たち)と紐付いていると考えています。石井座長はこの他、ガンプラ、カメラ、器用などなど・・・色々イメージがあります。他の座員についても、上記で書いた以外にもたくさんあります。
何が言いたいかというと、人には紐づく情報があり、それがユニークかどうかがとても大事だと考えています。

 

▼ユニーク。
これをWikipediaで見てみると・・・

・唯一の、たった1つの、他にない
・一意性
・(俗に)変わった、珍奇な

と出ています。

 

▼一般的に’ユニーク’と聞くと、『(俗に)変わった、珍奇な』だとか『面白い』といったようなイメージになるかと思います。ここでの’ユニーク’は『唯一の、たった1つの、他にない』だとか『一意性』という意味合いでご覧いただきたいと思います。

 

▼つまり、”座長”と一言で言っても、新和座内であれば、石井座長の事ですが・・・所属している劇団やファンの劇団の座長を思い起こす事ももちろんありますし、”座長”だけ聞けばその仕事を思い浮かべることもあるかもしれません。
しかし、新和座で『座長』と言えば石井なわけです。

 

▼人間はいろいろな情報と紐付いていると考えています。そこでその情報が他人と違う、自分唯一の情報が紐づく事がぼくらのように舞台演劇をしている人間には必要だと考えています。「◯◯と言えば□□でしょ」と言ってもらえるように・・・

 

▼役者さん、演出者で言えば役や作品がそのユニークな情報になっていくことが多いと思います。

ロミオと言えば石井、
ジュリエットと言えば梨沢、
マリオネットと言えば松井、
魔王と言えば長谷川、
サプリーダーと言えばまこ、
アイリと言えば中原、
ロボと言えば稲木、
伯爵と言えばいとう・・・

のように、ユニークな情報にひも付き、お客様に名前と顔を覚えていただくことは非常に重要です。

 

▼別に突飛な事をする必要はないと考えています。ただ、受けた役を全力でやること。自身の持っているパーソナリティを発揮して行動すること。この2つがユニークな情報と自分を紐付ける事だと考えています。
何か特別なことをする、ということではなく、自分の出来る事、やれることを十二分に発揮する事がユニークな情報と紐付ける近道だと思っています。
自分の好きなもの、苦手なもの、得意なもの、不得意なもの。すべて自分のパーソナリティです。

 

▼ぼくもぼくらもまだまだ、こうしたユニークな情報と共にお客様に知っていただくため、精進して参ります☆☆
すけべといったら武藤。舞台演出家の武藤でした☆


残された疑問

改めまして☆
#玩具騎士団虹色プラネット
にご声援、ご来場くださいましてありがとうございます☆
これからも新和座は作品作りに邁進して参ります!
どうぞご贔屓いただけますようよろしくお願い申し上げます。

 

▼さてさて、毎週日曜日は、新和座の指定稽古日ですが・・・今日はお休みです。公演後の1週間はお休みしております☆明日からまた新和座も少しずつ動いていきます!

 

▼そこで今日は・・・残された疑問の1つを書いていきたいと思います。
2017-10-15a
と言っても・・・「玩具騎士団、虹色プラネット」の疑問ではありませぬ・・・
今公演の稽古の・・・あとの飲み会で話題となりました・・・疑問です
『彼氏(彼女)とデートで博物館に行きました。一緒に館内を回りますか?!』
という話題に対して、ぼくともう一方だけは「別々に自分たちのペースでそれぞれ回る」という意見だったのです・・・
他の人は「デートなので一緒に回る」というご意見・・・

 

▼いかがですか?!皆さん。博物館にデートに行くまでは良いです。二人共興味を持っているわけですから。しかし、展示物全てについて、同じ感覚を得られるでしょうか。気になる所は同じでしょうか。見ている時間は同じでしょうか。
その展示を心底楽しむ為に・・・ぼくはあえて別々に回ったほうが良い、と考えています。
彼女(または彼氏)に気をつかって、「まだ見たいのに」という気持ちを我慢して回りますか?!

ぼくは、
ノー!
です!

 

▼デートで行って、もちろん一緒に回りたいという気持ちも理解はできます。できますが・・・見終わったあとに食事をしたりする時に感想を話し合う、語り合うことも楽しみの1つではないでしょうか。

 

▼じゃあ、最初からデートで博物館など行くな、というご意見もあるでしょう。ごもっとも。その方がさらに自分のペースで見られます。しかしながら・・・

 

▼デートで行き、別々に見るからこそ、良い面もあるわけです。所詮、彼氏(彼女)は他人です。それでも、彼氏・彼女の恋人同士です。別々に回っていても、ふと、見回せば、すぐに見つかるでしょう。そこで、彼女(彼氏)がどういうところに気になっていて、どういうところに興味がないか、など新しい発見もできると思うのです。
もちろん、一緒に回っていても気付くことができるかもしれません。しかし、同じ場所に居ながら、別々の行動をとることによって新たな発見もあるとぼくは考えています。

 

▼いずれにしても、こんなひん曲がった考え方をしているのでモテません。

 

▼何故、皆さんは・・・一緒に回って、展示を楽しめるのか・・・ぼくには疑問であります。

 

▼この他にも今公演で(稽古後・公演後の飲み会で)疑問に思ったことがありますので、機会があります時にまた。
また今日からの1週間、素敵な出来事盛りだくさんの1週間でありますように☆
演出部武藤でした☆


感謝感激

image1.JPG

どよーび、長谷川です。

「玩具騎士団、虹色プラネット」にご来場いただきました皆々様、本当にありがとうございました!
沢山のお客様に私演じる魔王を褒めていただきました!
ありがとうございます!ありがとうございます!
エロかっこいいって言われましたが、色気あったのかしら??

今までの中で一番色々褒めていただけたと思います。
アドリブで面白い事をなかなか出来ない立場でしたが、楽日にぶっ込めたのでそれも満足です。

そして今回のでまた声が低くなるっていうww
イケボ研究しちゃおっかな♪

ご来場本当にありがとうございました!
╰(*´︶`*)╯♡


#玩具騎士団虹色プラネット の音楽と動画☆

いつも劇団新和座にご声援賜りましてありがとうございます!

今回の『玩具騎士団、虹色プラネット』ですが・・・
主人公カスタが歌を歌うシーンがあり・・・この楽曲は・・・
石井かほる、梨沢千晴が作成いたしました♪♪奏ちよこ先生が歌詞を、2番の歌詞を松井ともみが作詞。歌をスタジオで収録する予定でもおりますので、そちらも是非、お楽しみに☆

楽曲はこちら

 

そして、公演の様子を少しだけ御覧いただける動画も作成いたしました☆

 

これからも劇団新和座、座長の元一丸となって精進致します!
是非ともお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます!


大学

はいどーも、稲木です

公演終了から5日経ちましたね。
余韻に浸ってみたりもしましたけど、とりあえず次の公演まで、のんびり大学生に戻ります。

そうなんですよ、まだギリギリ大学生だったんですよ。
と言っても、あとは卒論書くだけなんですけど( ・ ω ・ )

いやー・・・まさか大学に進学しても演劇に関わろうとするとは、4年前の自分では考えもしてませんでしたよ。
人生何があるかわかりませんね(´−ω−`)

時間に余裕がある今のうちに、やれることは片っ端からやってみようと思います。


沢山のアリガトウ!

もーくもくもく木曜日♪
木曜日更新担当の松井ともみです♪

わたくしからも、改めまして、舞台にお越し下さった皆様、ご来場いただきましてありがとうございました!!
そしてご声援を下さった皆様、ありがとうございました!!

舞台に携わった出演者陣、スタッフの方々、本当にありがとうございました!!

沢山のアリガトウを、また次に舞台に立たせていただく時にお礼をさせていただきたいと思います♪


改めまして…

水曜日はいかがお過ごしでしょうか、かほるさんです☆
改めまして「玩具騎士団、虹色プラネット」にご来場くださりありがとうございました!!
残念ながら御都合の関係で劇場でお会いできなかった方でも、SNS等でお声を掛けくださったり出演者にお花をくださったりと…本当にありがとうございます!!

もっと長々とした感想は自分のブログに書くとして…

「玩具騎士団、虹色プラネット」を通して『劇団新和座』という団体は本当に素敵なご縁がたくさんあるなぁと改めて感じました。

作品を生み出してくださった奏先生。
ご自分の予定も忙しいのにも関わらず客演として出演してくださった森谷さん、北川さん、青木さん。
同じく忙しい合間をぬって音響と照明をしてくださった林さんと野川さん。
声のご協力をしてくださった小野寺さん、桑田さん、まこさん、ゆっきーさん。
いつも受付を手伝ってくれているお友達のKちゃん。
劇場の小屋主様。
そしてSNS等で宣伝してくださった皆様。
劇場にて舞台を観てくださったお客様。

沢山の方のご協力があって作品を完成させることができました。
本当に、本当に、有難うございました!!!

次回の公演の作品は未定ですが、やはり新和座といえば…というアレかもですよ!