ぼくらの源泉

先生と呼ばれて

ぼくがはじめて専門学校の講師の仕事をした時に『先生』と呼ばれることに違和感を覚えた。何故ならぼくのようなとんでもない人間が”先生”なぞできないと思っていたからだ。しかし、専門学校の門を叩いた生徒からすれば、目の前にいるおっさんは紛れもなく『先生』なわけだ。
ぼくは自分がとんでもない人間ではあるけれども、礼節は学んでもらいたいと思い、『先生』と呼ばれることに慣れた。しかし、心の奥底では『先生』とは程遠い人種だ、と常に思っていた。

この春に新和座に入団したいとうは演出部に入ってもらった。俳優としても活動しているが、前回”玩具騎士団”の演出をしてもらったし、彼女はそもそも、本も書くし演出もする。そんないとうがつぶやいた。

 

 

満足させらなかったらそれっきり。失望されたらおしまい。

大きく言えば、いとうもつぶやいている通り、ぼくらのこの仕事、「演劇」や「お芝居」、「芸術」の類は、お客様に満足してもらえるから、お金を得る事ができる。翻って、ぼくらも観客として足を運ぶ場合、満足できなければ、次は観に行かなくなってしまう。
だからこそ、命がけだし、生き残れるかどうかの闘いでもあるわけだ。ステージに美しかったり、すごいモノを見たとしても、板の上に立つ以上、常にギリギリの境界線、地上50mに張られたロープの上を歩いているようなもんだ。安定なんて程遠い。
恐ろしい世界だ。

 

ぼくらの源泉

いとうのつぶやきには続きがある。

そうなのだ・・・たとえ99%のお客様に不評だったとしても、1%のお客様に『良いね』と言ってもらえたらそれが自分には力がある、と思えることなのだ。ロープから落ちそうでも、なんとかしがみついて、向こう側に渡れたのだ。無傷ではないけれども。
総てのお客様に対して、100%完全な満足というのは…夢のまた夢だろうし、ぼくには到達できないと思う。しかし、いとうも呟いているとおり、誰かが『良いね』と言ってくれた事が力になる。その力こそがぼくらの源泉なんだ、と思う。

だからといって、1%のお客様の為だけに、ということではけしてない。はじめは1%かもしれないが、2%、10%、50%、80%・・・ぼくらはその源泉をどんどん広げ、深くしていかなくてはならない。何故なら安定を求めたら・・・地上50mのロープが地上1cmくらいに張られたロープでいとも簡単に渡れてしまうだろうから。そうなっては…その最初に支持してくれた人にもそっぽを向かれてしまうかもしれない。

できることとできないことを認める。誰でも完璧ではない。だからこそ、できることとできないことをきちんと見つめて、出来ることを更に深くし、できないことも突き詰めていけば、そこから新しい何かが生まれてくるかもしれない。


褒めない理由

最高!それ、最高だよ!

ぼくは舞台作品を作ったり、講座をしている時に『褒める』事が少ない。対する俳優さんや生徒さんとの関係性にもよるけれども・・・何回も一緒にやってもらったりする人に対して褒める事は少ない。
なんかこう書くと、ぼくという人間はものすごくデキる人のようにも読み取れるし、物凄い心の狭い人にも読み取れる。けれども、この『褒めない』というのは理由がある。

演技に対して最大限に「最高!それ、最高だよ!」という褒め言葉を言うのはぼく自身の演技に対してだけだ。しかし、ぼくが演出している作品については自分自身も褒めることは少ない。これは何故かと言えば、ぼくの中で褒める、というのはどこか最終到達点、正解にたどり着いてしまっているような気がしてならないのだ。
つまり、俳優さんたちが努力してくれていろいろ試してくれて作品に厚みがましていく。素晴らしいければ、もちろん賞賛することもある。しかし、それで終わらせたくない、というぼくのどこかひん曲がった気持ちがそこにあるのだ。だから既におわっているぼくの演技には自分で「天才」と言っている。

 

慣れてくると自分の得意なことだけ・・・

不肖ぼくにも、得意な演出方法というか表現方法がある。それが多くのお客様にご賛同いただければ、自信にもなる。そしてそれが回が重なればその方法はもっと厚みが増す。しかし、ぼくは・・・この慣れが悪い方向に行くことが多い。というのは・・・慣れくるとそればっかりやってしまい新しい事にチャレンジしなくなるのだ。
新しい台本、という意味もそうかもしれないが・・・元来怠け者のぼくは、ついつい楽な方、簡単な方に行ってしまうのだ。自分の得意なことだけやろうとしてしまうのだ。だからぼく自信が演出する作品については褒めることは少ない。
新和座の俳優がそうだ、とは言わないけれども、やはり人間はどこか、慣れてくると自分の得意な事だけでやろうとしてしまうものではないだろうか。

どこか人間は安定を求めてしまうというか、慣れてくるとチャレンジすることをしなくなってはしまわないだろうか。

 

昨日の稽古を思い返してみると・・・

昨日、いつもの稽古場が使えなかったので切り替えて録音スタジオで普段使っているギリシア悲劇の台本を録音して聞きながら・・・出来ている部分と出来ていない部分、やったつもりでまったく出来ていなかった部分を確かめることができた。
これをこれから次期公演の稽古に繋げていくにはやはり、チャレンジしてくことが大切だと感じている。つまり、慣れで自分の得意な事ばかりだけではなく、チャレンジして出来ていなければまたチャレンジしていく。
完璧さや美しさを求めて。到達することはないだろうけれども、安定ではなく。常にチャレンジして、少しでもほんのちょっとでも完璧さや美しさに近づけるように。答えが出ても更に答えを求めて。

2017-12-11a


土曜日のワークショップと日曜日のお稽古☆

土曜日はワークショップ

土曜日は毎年ご依頼いただいております、逗子開成中学校・高等学校さまでのワークショップを行ってまいりました!
今年はぼくと松井が伺って…「こころとからだの演劇ワークショップ」を行ってきました。先生に予めご許可頂き、サブテーマを「思っていることを伝えるには」というものにして行ってきました。終了後、生徒さんたちが感想を書いてくれたのですが、「演劇にも普段のような意識が必要だとわかりました」ですとか「自分の声が小さかったけれども、最後は出るようになったので嬉しかった」ですとか、「来年もまた参加したいです」などなどとっても嬉しい感想をいただきました!

2017-12-10a

参加した松井のツィートにも書いておりますが・・・

ぼくも・・・専門学校の先生をはじめてした時に覚えがありますが・・・『教えてはじめて理解出来る事』もあると思っています。つまり、わかったつもりになっていても・・・実はわかっていない。人に教えたり、伝えたりすることではじめて、「ああ、あの時あの先生はこういう事を言っていたんだな」ということを感じたり、「なるほど!これはこういうことだったのか!」とはじめて気付くこともあったりします。
毎年お邪魔しておりますが・・・生徒さんの真摯に課題向かい合う姿はとても素晴らしいと感じております。実は・・・教えている立場のぼくらの方が・・・色々なことを学ばせてもらっています!また来年の伺えるよう、ぼくら自身、研鑽して参ります!!!

 

カメイダーアーク!!

2017-12-11 01.04.43

ぼくは残念ながら応援には行けなかったのですが・・・稲木が『カメイダー』の応援に行って参りました!!!なんと!”カメイダーアーク”という新キャラクターが!!!!次こそは行きますぜ!!!!

 

次期公演前の総ざらい稽古

実は・・・奏ちよこ先生から次期公演『デスマーチ』の台本をいただきました!
次回の指定稽古日から次期公演の稽古に入りますが・・・その前の総ざらい。今日は録音できるスタジオに入り、『自分でやっているつもりでも実は出来ていない』といった部分をそれぞれ確認しました。

2017-12-10k

2017-12-10b

2017-12-10g

いとうもツィートしておりますが・・・

客観的に自分のお芝居を聞いたり見たりする機会というのはぼくらにはあまりありませんでした。この2ヶ月ほど、自分たちの弱点をできるだけ潰していく期間の総ざらいをしました。もちろん総てが出来たわけではありませんし、不肖武藤、演出家としてイメージを伝えることは出来ますが、”演技”をこうしたら良い、というものや技術的なモノは・・・どうしてもエンジニアや舞台演出家としてしか言うことができません。
しかしながら、自分たちの声を聞き、大きさや高さ、勢いなどを確認し、次回の稽古につなげていけるのではないか、新たに・・・ぼくも含めて自分たちの課題が見えてきたと感じた稽古日でした。

今日からの1週間、素晴らしい日々でありますように♪
演出部武藤でした☆


ここからはネクスト・ステージ♪

歌の歌詞

ぼくも座員も。おそらく皆さんも、「好きな歌」とか「よく聞いている歌」というのがあると思います。何故その歌が好きなのか…メロディがお気に入りなのか、歌っている人が好きなのか、はたまた…歌詞が好きなのか…色々と好きな理由や要素はあると思います。
ぼくが歌を好きになるのは・・・大体、その歌詞に心が奮える事が多いように思います。

合唱02

 

 

心に響く歌詞

これは人によって違いがあるかもしれませんが…心に響いた歌詞というのは…時間が経っても思い出すことが可能だと感じています。綺麗な言葉であったり、当時の自分の思いを代弁してくれている歌詞だったり、何故だかわからないけれども心に残る歌詞などなど。耳で聞いた歌詞を文字で確かめ、更に心に残る事も多んだと思っています。

 

 

台詞でも・・・

ぼくらも舞台をやっているわけですから。お客様の心に残る『台詞』を表現したいと常々思っています。いつまでも心に残してもらえるような『台詞』を。もちろんそれには、”フレーズ”もあるでしょうし、”喋り方”もあるでしょうし、”見せ方”もあると思います。しかし、歌と同じように、舞台を御覧いただくお客様が「耳」から聞いて頂く『台詞』で心を震わせていただけたらどんなに幸せなことなのでしょう。
とっても嬉しいことに不肖ぼくも、ぼくらも、公演後お客様に『あの台詞は心に響きました』ですとか『あの台詞、とっても良かったです』と言って頂く事があります。そんな時にやっていてよかったなぁ〜と思います。そして、その『台詞』を時を経て、また思い出して頂けるともっと嬉しいと感じています。
ぼくらはまだまだ、こうした心を震わせてもらえる『台詞』を表現していけるように、もっともっとたくさんの方に心に届くように研いていきます☆

 

 

そして明日は…

松井も呟いて居ります通り、明日12月5日の火曜日、20時ごろより新和座ラジオをお届けします♪是非、お聞き下さい☆☆

 

 
配信後はアーカイブにして残します♪リアルタイムにお聞きいただけない方は、お時間あります時に☆☆


平成29年12月3日のお稽古☆コントロール

次期公演のための準備期間の稽古もあと少しです。次回か次々回には公演台本を元に稽古を進めていく予定なのですが…台本の稽古でなくても、やはり、学ぶべき部分、気付いた部分、やってもやり足りない部分、出来ない部分、出来た部分…たくさんの結果が出てきました。

 

コントロール

お芝居で大事な要素の一つに、”コントロールする”ということが挙げられると思います。これは自身の身体もそうですし、その空間もそうですし、相手役にもそうですし…自由自在にコントロールできることは役者さんに求められる能力の一つだと考えています。
と言いますのも、台本には自分の台詞も相手の台詞も書いてあります。
しかし、その台詞は・・・はじめて言った言葉ですし、はじめて聞いた言葉なのです。ですから、相手役に”こう考えてほしい”と思いながら喋ったり、相手役が”こう返してくるんじゃないかな”と役として無意識のうちに考えていると思っています。リアルな人間の間でもそうであるように。
ですので、相手をコントロール、操作する、というよりも影響を及ぼすと言ったほうがいいでしょうか、そういう効果も考えて台詞を喋ることも大切な要素の一つだと考えています。

 

例えば…

喧嘩や議論をしているシーンがあるとします。一方は他方を言い負かせよう、論破しようと必死になります。また言われている方も自分の正義を貫きます。台本上では、最後までお互いが平行線をたどるとしても、この二人はお互いに・・・相手が「あ、わかった。すまん」という言葉を引き出す為に必死になるわけです。
ある時は身振り手振りを加え、ある時は視線を強く、ある時は声を張り上げて・・・。
台本上には確かに言い合いになっていますが・・・この2つの役は、その一瞬、一瞬で相手を負かせようと必死なわけです。議論が長く続くようにしゃべっているわけでなく・・・
こうした影響をお互いに与え合うことこそがお芝居だと考えています。

2017-12-03 16.55.34

 

お稽古の後は・・・

今日はこうした、影響を与え合う、ということを稽古しながら行いました。
その稽古の後は・・・
2017-12-03 20.21.36
忘年会を行いました☆☆
もちろん、年内の稽古はまだまだあります!が。久々に皆でお食事☆色々なお話で盛り上がりました♪♪アーティストクルーの野川さんにも来ていただきました♪♪
今年は新入劇団員も増えて、話題にも事欠かない新和座。次期公演も含めて、みなさま、ご期待ください!!!

今日からの1週間。また素敵な笑顔が降り注ぐ1週間でありますように。
演出部武藤でした。


身命を賭して

▼よくぼくは「一生懸命やったんですけど、ダメだったんですよね」という言い訳をする。
けっこう良い大人なんですけれどもね。言い訳をしてしまう時が多い。

 

▼ぼくがお芝居をやっている目的はここには書かないけれども、確かにある。この目的だけはブレることはないと思っている。けれども・・・結果言い訳をする時がある。

 

▼「一生懸命やったんですけどね」と。そして一人になった時にもう一度考える。「本当に一生懸命やったのか」「努力を尽くしたのか」と・・・

 

▼人間は失敗をする。ぼくはよく失敗をする。でも「やらなきゃ良かった」「言わなきゃ良かった」ということはあまり思わない。対外には「やったんですけれどもね」とカッコつけて言い訳をする。しかし、失敗をした時に・・・本当に一生懸命やったのか。一生懸命やった方向は間違っていなかったのか。そもそも向いていたのか。と言ったことを考える。

 

▼他人にカッコつける為に自分と闘うことを避けてはいなかったか。自分の保身の為に他人と闘う事を避けたんじゃないだろうか。こうした思いが一人の時に心の中に響く。

 

▼もちろん、お芝居をしていたりモノを書いていたりなどなど仕事をしている時は夢中だ。ありがたいことに仕事を頂けている。しかし、その仕事の量にかまけて、自分の生きる目的・お芝居をしている目的を忘れてしまっていることがやっぱりある。

 

▼一生懸命やっているのにうまくいかない、と愚痴る事もある。しかし、それでは前に進まない。本当にこの身体を心を賭してやっているのか・・・自分自身で語りかける時がある。うまくいくために自分を変えることも厭わない、やれることを全てやっているのか、と。

 

▼目的がブレればこうしたことは出来ないと思っている。生きる目的・お芝居をやっている目的という強い意志と情熱を(忘れてしまうことはあっても)常に思い出していきたい。この強い思いこそが懸命になれる基盤だ、とぼくは感じている。

 

▼自分のやり方や考え方を変えるのは怖いし、恐ろしい。しかし、目的が変わってしまうことはもっと恐ろしい。ぼくは言い訳する自分をもっと少なくしていきたい。新和座で芝居をしている以上、ぼくとぼくの仲間たちはお客様に大切な時間とお金を支払ってもらって観て頂く作品を創る上で・・・「一生懸命やったんだけど」と言い訳することなく、やれることは全てやっていく。

2017-11-27a


平成29年11月26日のお稽古☆残心

▼いよいよ11月の指定稽古も今日でおしまい。次期公演の本格的な準備を来月から行います!

12月1日の金曜日、22時くらいから、『デスマーチ』『玩具騎士団、虹色プラネット』の原作者奏ちよこ先生とぼくのコラボツイキャスがございます☆是非、お聞き下さい♪♪

 

 

▼さてさて、今日のお稽古ですが・・・
2017-11-26a

2017-11-26b

2017-11-26c

2017-11-26d

次期公演までに弱点を補ったり、新たな方法・技術を研く期間もあと数回ですが・・・今日は・・・自分が喋った後に相手に如何に伝えることができるか、お客様に観ていただけるか、作品としてのオーダーが果たせるかの3つの観点から稽古を行いました。
もちろん、俳優一人ひとり、やり方も考え方も得手・不得手も違いますので、方法は違ってくると考えています。
しかしながら、目的といいますか・・・相手役にどう伝え、それをお客様がどのように観ていただいけるか(もちろん、色々なご感想をあります)、作品として、どのように作り込む事ができるかを目標にして行いました。
ぼくは、この3点を考えた時に、方法はいくつもあると考えていますが・・・この根底あるのは、「思ったことを如何に相手に伝えるか、相手になんと言ってほしいか」ということを現す必要があると思います。

 

▼お芝居ではなく、実際の生活の中でも・・・「この人にコレを伝えたい、そしてこういうように返事してほしい」というのは無意識にあると思います。そうした無意識をお芝居を創る上ではサブテキストとして創り出し、台詞や動きを出していきます。そして、’役’が願った通り(予想した通り)の相手役の反応なのか、そうではないのかで次の動作(台詞・動き)につながっていきます。
こうした繰り返しがお芝居であると考えています。これらの事に立ち返り、台詞を一つ一つ動きと共に、稽古をしました☆

 

▼いよいよ次期公演の台本が届きそうです♪♪ 是非ご期待ください!
今日からの1週間、また嬉しい出来事盛りだくさんの1週間でありますように♪♪♪
演出部武藤でした☆