エウリピデス

王女メディアの作者

王女メディアの作者は・・・エウリピデスという人です。
古代アテナの三大悲劇詩人として数えられています。

紀元前480年頃 – 紀元前406年頃の人物でメディアは代表作として挙げられています。
悲劇18篇とサテュロス劇(滑稽な芝居)1篇が現在、現存して確認されています。この他多数の断片が存在しているようです。
三大詩人(アイスキュロス、ソポクレス)の他に比べて現存する作品が多いのは古代に「悲劇傑作」として選定されたのが他の二人より多いからだそうです。

古典も古典・・・

こうして見ると、紀元前406年頃って、もう、2400年以上昔なわけですよね。。。
日本が誕生したくらいまで遡り・・・その時、ギリシャで作られ演じられていた「メデイア」。

男の不倫を発端にして起こる悲劇。
現代でも起こり得うることなのかもしれません。
この間も書きましたが・・・現代とこの時代とでは、生活様式も風土も考え方も違いますし、
また、国も違うので文化や人種も違います。

しかし・・・同じ人間が創ったストーリーには、人類の「普遍」とも言うべきテーマがあるとぼくは感じています。

こうした物語を現代のしかも東京でやるということにロマンが感じてなりません。
監修担当としてもとても楽しみです!

二代も、

座長も

申しておるとおり、王女メディア、稽古快調であります☆☆
どうぞお楽しみに♪♪♪


平成30年7月15日のお稽古☆試行錯誤と🍓のライブ♪

新人たちの苦悩と進捗

今日の新人たちも頑張りました!

新人たちははじめて取り組む作品に試行錯誤しております。
はじめて作るシーン。
はじめてしゃべるセリフ。
はじめて出す表情。
はじめて行う仕草、動き・・・
もちろんはじめからできるわけではありません。
一歩ずつ一歩ずつ・・・歩みは鈍いかもしれませんが…確かな道を進みます。
確かな道。
それは、幾重にもあります。
どの道を通るかはわかりません。
どの道を通ったら正解なのかは・・・誰にもわからいものかもしれません。
しかし、失敗を恐れず、制限をつけず、一歩ずつ進むしかないのです。

その一歩ずつが、全員の一歩ずつが重なり、いつしか作品になるのだと、ぼくは考えています。

あれ?いちごがいない

今日の稽古場写真には・・・松井が写っておりません。
松井は・・・というと・・・

いよいよ、今週末、金曜日にせまりましたライブの練習をしております!
出演者の2名の方と合同練習。
松井ともみ、一生懸命頑張っています!
どうぞ、20日(金)19時からのライブにお運びください♪
ライブの詳細はこちらから御覧ください☆

新人たちが試行錯誤し、先輩との工夫の末に作る、『王女メディア』。
松井ともみ渾身のライブ♪
どちらもどうぞお楽しみに☆

今日からの1週間、笑顔がたくさん降り注ぐ1週間でありますように♪


ギリシャ悲劇って・・・

お固いのか…

ぼくは最初、ギリシャ悲劇とかってなんかお固いイメージで取っ付き難いなぁ~と思っていました。
舞台演出家の端くれの言葉とも思えませんが・・・
現在取り組んでおります、王女メディアを読み、稽古を見ていると現代でも普遍的に扱われる題材なんだな、と改めて感じております。

そもそもは・・・

調べてみますと、そもそもギリシャ悲劇は、古代ギリシア時代に、アテナイ(ギリシャ共和国の首都アテネの古い名前だそうです)のお祭で上演されていた悲劇で、その上演は競作の形を取っていたそうです。競作に参加する悲劇詩人は、三つの悲劇と一つのサテュロス劇(滑稽なお芝居)をひとまとめにして上演する必要があったそうです。まるで日本のお能のようです。能と狂言がのような関係なのでしょうか。

観客は参加した悲劇詩人のうちで誰のものが最も優れていたかを投票し、優勝者を決めていたそうです。こちらも日本の演劇祭のような印象をうけました。ひょっとすると、日本の演劇祭もこの形式に範をもとめたのでしょうか。
この中でも 最も有名な悲劇詩人は、三大悲劇詩人として知られているアテナイのアイスキュロス、ソポクレス、エウリピデスです。
今回取り組んでおりますのはこの中の”エウリピデス”という人が書いた『王女メディア』です。

ギリシャ悲劇が上演されていた場所

ギリシャ悲劇は正しくは、ギリシア悲劇というそうで、仮面をつけた俳優と舞踊合唱隊(コロス)の掛け合いによって進行していきます。劇場は丘などの斜面を削って建造されていました。

劇場全体はすり鉢状になっていて、底の部分に俳優が演じる舞台と合唱隊用の平土間(オルケストラ)があります。野外劇場だったそうですが、演者や合唱隊の声がよく届くよう音響効果の優れた構造が取られていたようです。客席は、すり鉢の斜面部分に、舞台を半円形に囲うように設置されています。本当に驚く事にどの席からも舞台がきちんと見えて、舞台上でのひそひそ声も客席の最上段でもクリアに聞こえるらしいです!
現代の日本の劇場でも、この様式を取り入れているところがあるそうです。彩の国さいたま芸術劇場などは代表ではないでしょうか。

新和座のギリシャ悲劇

新和座のギリシャ悲劇は・・・約7年ぶりくらいです。
そして、この「王女メディア」は旗揚げ公演の演目でもあります。
ぼくにも、新和座にもとても大切な物語です。
その物語を…新人たちが取り組んでおります!

今の日本、どこか・・・閉塞感に包まれているように感じます。
そんな閉塞感を打破すべく、悲しいだけの悲劇でなく、お客様に何かアツいモノを伝えられる、制作オヤジとしてそんな舞台にしたいです!
ネクストチャレンジシアター2018「王女メディア」、ご期待ください!!


平成30年7月8日のお稽古☆バリバリ伝説

新人、バリバリ頑張っています

毎週日曜日は新和座の指定稽古日です。
まずは…長谷川奈美のツイートを御覧ください☆

 

そうなのです!新人二人はバリバリ頑張っているのです!!

 

 

そして、座長のツイートを。

 

座員がそれぞれ、頑張っています!!
もちろん、新人は先輩以上に頑張っております☆

 

あたりまえかもしれませんが・・・

役者を目指している人にとってはあたりまえかもしれませんが…

稲木も西村も…稽古場、稽古時間以外でも、おそらくは毎日、台本を読み、いろいろ試行錯誤している模様です。
俳優・役者を目指している方々にはあたりまえかもしれませんが・・
毎日毎日、色々なことを試しているようです。
喋り方、視線、動き方。
もちろん稽古場でしかできないこともありますが…稽古場以外で出来ることももちろんあります。

だからこそ、西村がつぶやいているように、「くやしさ」が出てきて、次の課題が明確になったり、
稲木のように「稽古場での自分」を振り返り、次の目標が定まったりするのだと感じています。

稽古で何も感じなければ・・・舞台の上でその役として生きることはできないとぼくは考えています。

新人たち二人は、そうした思いを少しずつカタチにしています。
そして・・・座長をはじめ、先輩たちも・・・毎日毎日、本を読み、作品に、役に向かい合っています。

ネクストチャレンジシアター、『王女メディア』是非ご期待下さい!!

 

松井ともみのライブも間近です!

松井ともみのライブもいよいよ2週間後☆
松井も頑張っております!
是非、皆様、お運びのご検討、よろしくおねがいします♪

松井ともみが出演するライブの詳細はこちらから🍓

今日からの1週間も素敵な時間がたくさん訪れる1週間でありますように♪
文芸部武藤でした☆


形のあるもの、形のないもの

人に伝える時に・・・

今日は久々に『舞台演出家』らしく、お芝居について書いてみたいと思います。

お芝居ではいろいろな事を「相手役」や「お客様」に言葉や動きを使って伝えようとします。
結構な時間、お芝居のお稽古をしていても・・・この「伝える」というのがなかなか難しいですし、
簡単にできる時もあればそうでない時もあると感じています。

今回そうした”伝える”対象の中でも
「形のあるもの」についてと「形のないもの」
について考えてみたいと思います。

描写と説明

ぼくは常々、「形のあるもの」は比較的伝えることが容易で、「形のないもの」は伝えることが難しいと感じています。

「形あるもの」、例えば、葉っぱの生い茂った大きな木をセリフと動きだけで伝えようと思ったら、比較的容易ではないでしょうか。
しかし、
「形ないもの」、つまり、「感謝の気持ち」だとか「神様」だとか「心」だとかというのは・・・伝えるのが非常に難しいと感じています。

これは・・・「形あるもの」は伝えるほうも、伝えられる方も・・・比較的イメージしやすいからではないか、と考えています。
目に見えたり、触れられるものは相手に伝わりやすいと思っています。
と同時に「形ないもの」は、人それぞれイメージが異なり、何か”代わりのもの”だったり、”喩え”だったりをして相手に伝える方法をもって行われる事も多いです。
イメージしにくいもの・・・形がないからこそ、人に伝わりにくい部分もあると考えています。

そうした中でも、お芝居をしていく上でお客様にも相手役にも・・・どうにか伝えていかなくてはいけません。

それにはどうしたら良いか。
様々な方法があるかと思いますが・・・その一つに、「説明」と「描写」を意識することがポイントの一つではないかと考えています。

人に物事を説明する時に…文字通り「説明」する場合と、相手により多く想像してもらう「描写」ではしゃべる内容もしゃべり方も変わってくると思います。
カタチがないものを人に伝える場合、どちらが良いかというのは・・・その時々、相手・場所・時間・相手との関係などなど…いろいろな要素を踏まえて変わっていくのだと思います。

そして…台本のあるお芝居ではありますが・・・
この「説明」か「描写」、いずれをするにしても・・・
役の口や身体から・・・”出てしまうもの”であるとも考えています。

役はその物語、舞台上で生きています。
役者さんの都合は多くの場合、関係がなくなります。
その役が・・・何かを感じ、必要になったからこそ、言葉で出てきて、動きも出てくるものだと考えています。
台本の中で決まってはいる。けれども、それがその時・・・「出てきた」ように見せ、聞かせなければならないのです。

出てきたもの

人にモノを伝えるのにはいろいろな方法があります。
どの方法も正解でしょうし、どの方法もすべてが伝わるとは思えません。
これはまた別の機会に書きたいと思いますが・・・
当たり前ですが・・・人間はお互いに脳みそが違うわけですから、人と自分が完全に一致、合同するというのはあり得ないと考えています。

しかし、それを限りなく合同に近い、限りなく100%に近づけることはできます。

そのためにも・・・イマージを膨らませ、「役」として「台本の中で決められたこと」を「その瞬間に出した」ようにすることが肝要だとぼくは考えています。


平成30年7月1日のお稽古☆収録,稽古,ライブ♪♪

今日の新和座は盛りだくさん!

今日の新和座の稽古は盛りだくさんでした!

松井もつぶやいておりますとおり、
稽古前の時間に収録を行いました☆
この収録の放映の詳細は・・・近日中にこのブログでお知らせいたします♪♪
是非、ご期待ください!

王女メディアの稽古は・・・

収録のあとはもちろん、稽古。
今日は動作と仕草の違い・・・
例えば、「髪の毛をかくしぐさ」というのがあります。
その仕草はどのような気持ちの時にでるのでしょうか…

「髪の毛をかくしぐさ」が出る気持ちというのは・・・
千差万別であり、普段の生活ではあまり意識せずに出ると思います。

つまり、
「出す」のではなく、
「出てしまう」のが仕草であり、
その「出てしまう」気持ちを構築するのが私たちの仕事の一つだと考えています。

ぼくは、声も・・・
変えるのはなく、変わる。
仕草や動きも・・・
出すのではなく・・・出てします。
こうした考えや役作りが必要だと考えています。

稽古後は・・・

稽古後は・・・松井とぼくは、
松井が出演する、ライブの打ち合わせにいってきました!
松井出演ライブに関してはこちらを御覧ください!

松井、現在、このライブのために準備中です☆☆
ぜひぜひ、松井の歌声、ご期待ください!!!

他の座員は稽古後のお食事♪♪

よく稽古し、良く食べる。
新和座の一つの特徴かもしれません☆

稽古場外でいろいろと話を進めながら・・・ネクストチャレンジシアター『王女メディア』の制作は続いていきます☆☆

今日からの1週間、またウッキウキできる出来事と遭遇する一日でありますように♪♪
演出部武藤でした!


平成30年6月24日のお稽古日誌☆新しい王女メディア

今日も今日とてお稽古です

毎週日曜日は新和座の指定稽古日です。
この稽古日は、全員が全員、自分の課題と向き合うとともに、他人のためにもお稽古をします!

今日も座員のツィートをご覧ください♪

座長も仰っている通り・・・

”大切にしている部分は残して、でも顔ぶれが変われば表現できることも変わってくる”
座長もおっしゃっている通り、出演者や演出が変われば、作品は変わってきます。
何故ならば・・・同じ作品だったとしても、捉え方も表現の仕方も変わるからです。

ぼくは「王女メディア」という作品に対して、良くも悪くもこだわりを持っています。
ぼくの中で、こうあるべきだ、というカタチはあったります。

しかし、今まで新和座がお届けした、どの”王女メディア”と違うものが・・・今回生まれ育ちそうです。
そう感じさせる稽古場です。

いつも新和座の稽古場で稽古始めに共有する「演出目標」。
今回は座長のいとう、梨沢が演出をつとめますので、彼女たちを中心に「演出目標」を定めました。
この「演出目標」を共有し・・・さらに物語と役に向かい合ってまいります!

公演詳細については・・・新人公演という性格も含め、もう少し先にお知らせいたしますが・・・着々と準備をするめております!
次代の『王女メディア』、是非ご期待ください!

今日からの1週間、また嬉しい出来事が訪れる1週間でありますように☆
文芸部武藤でした!