梨沢千晴 『東京ウォーカー』28年10月号に掲載

いつも劇団新和座にご声援頂きましてありがとうございます。
座員の出演情報をお知らせ致します!

2016-09-20a

現在発売中の『TokyoWallker28年10月号』に梨沢千晴が掲載されております。石原さとみさんの表紙が目印です!里山特集のページに載っております。

2016-09-20b

過日、千葉の勝浦にロケに参り、自転車に乗ったり、ヨガを体験したりそうです。
TokyoWallker内でご案内しております♪ これからの季節に行きたいスポットがたくさん掲載されおります☆行楽のご参考に『TokyoWallker28年10月号』、ぜひ、お手にとって御覧ください!

オフショットも掲載されております、梨沢千晴のブログもあわせて御覧ください!


梨沢千晴『秋Walker首都圏版2016』に掲載

いつも劇団新和座にご声援頂きましてありがとうございます。
座員の出演情報をお知らせ致します!

2016-08-09a

現在発売中の『秋Walker首都圏版2016』に梨沢千晴が掲載されております。

2016-08-09b

過日、箱根に参り、本格アスレチックを体験してきました!発売中のこちらの本内でご案内しております♪
表紙&そば打ちのページにも出ております!!
秋に行きたいスポットがたくさん掲載されおります♪
行楽のご参考に『秋Walker首都圏版2016』、ぜひ、お手にとって御覧ください!

オフショットも掲載されております、梨沢千晴のブログもあわせて御覧ください!


梨沢千晴、舞台『ヒカケン~非科学的超常現象研究会のなんでもない1日~』に出演決定!

2016-07-03aいつも劇団新和座にご声援頂きましてありがとうございます。 座員の出演情報をお知らせ致します!
梨沢千晴が8月末にAm-bitioN様のプロデュース公演に出演することになりました!新和座の作品とは一味違った作品に梨沢千晴が挑戦いたします!
是非、皆様、ご声援のほどよろしくお願いいたします!

2016-07-29a 2016-07-29b


続きを読む


【先行予約】梨沢千晴出演舞台☆追加情報

いつも劇団新和座にご声援頂きましてありがとうございます。

以前お知らせしました、梨沢千晴が出演いたします、8月末にAm-bitioN様のプロデュース公演、本日、チケットが先行発売となりました!!

公演の概要はこちらの記事を御覧ください。

2016-07-09c東京は武蔵野芸能劇場小劇場にで8月26~8月28日に上演されます、『ヒカケン~非科学的超常現象研究会のなんでもない1日~』。
梨沢が出演します回は
26日(金)19:00~
27日(土)14:00~
28日(日)16:30~
です!

是非、皆様、お運びください♪♪♪

 

◆チケット先行予約
☆ヒカケン☆
先行予約限定アドレス
2016hikaken@gmail.com
上記のアドレスに必要事項を明記の上送信してください。
メールを受信しましたら、こちらから、再度ご連絡を致します。

↓必要事項↓
お名前
フリガナ
希望公演日
公演時間
枚数
座種(プレミアムor前売り)
応援しているキャスト名

*ドメイン指定されている方は必ず、上記のアドレスからのメールを受信出来るように設定をお願い致します。
*振り込み後の、キャンセル変更はお受出来ません。
*チケットは原則的に受付にてお預かりいたします。公演日の開場中に受付にお名前をお申し付けください。

梨沢千晴のブログも是非、御覧ください☆
皆様のお運び心よりお待ち申し上げております!


梨沢千晴『東京近郊の山歩き&ハイキング超最新版』に掲載

いつも劇団新和座にご声援頂きましてありがとうございます。
座員の出演情報をお知らせ致します!

2016-07-01a

現在発売中の東京ウォーカーのムック本「東京近郊の山歩き&ハイキング超最新版」に梨沢千晴が掲載されております。絶景ハイキング特集のページに掲載されております。
今回はたくさん載せて頂いております!
表紙にもちらっと載っております!

2016-07-01b

過日、巻頭特集になっております等々力渓谷と多摩川に参り、自然に親しみ、素晴らしい景色を堪能してきたようです。こちらのムック本内でご案内しております♪
これからの季節に行きたいスポットがたくさん掲載されおります☆行楽のご参考に『東京近郊の山歩き&ハイキング超最新版』、ぜひ、お手にとって御覧ください!

オフショットも掲載されております、梨沢千晴のブログもあわせて御覧ください!


久々に衣装を制作しております…

▼ここ2回くらいの公演は・・・時代設定が現代の戯曲に挑戦してきました。

▼やはりそこでの衣装は既製のもの、といいますか…現代にあった衣装や靴、メイクで望みました。

▼しかしながら、今回は演目が『ロミオとジュリエット』、中世の時代の物語です。
続きを読む