一番?そんなもの無いっす

どーも、見た目に反してスポーツ大好き
な稲木です

今回のブログではテーマを貰いまして、今回は「好きなスポーツ」について書いていきます

普段は好きなスポーツはと聞かれたらバスケと答えてるんですが、実を言うと特定のスポーツが好きという訳ではなくて、身体を動かすこと自体が好きなんですよ←

· · ·そうですね、元も子もないですね( ・ ω ・ )

仲間内でよくやるのはバスケですし、一番長くやっていたのは水泳ですし、文化系部活所属のくせに陸上部の練習に混ざってましたし、とにかくいろんなスポーツに手を出してました

それぞれのスポーツに特有の良さがあって、求められる技術が違って、どれかに特化して努力するのも楽しいんでしょうけど、どうせなら全部楽しめる方が楽しいじゃないですか

あー· · ·こういうことやってると身体動かしたくなるな
誰かバスケしましょうよ←


オチ?そんなものは無い

どーも、稲木です

今日から三月ですよ
つい最近「新年が〜」とか言ってた気がするんですけどね· · ·いやー、時が経つのは早い←

時期が時期ですからね、大学時代の後輩達から卒業決定の連絡が来たり、Twitterで報告してるやつもいたりと、良い知らせをちょくちょく見つけてます(´・∀・`)

まずは卒業の決まった皆さん、おめでとう

年齢関係無く、どんな環境であれ、一度関わった人が頑張る姿を見るのは自分のモチベーションを上げる良い起爆剤になりますからね( ・ ω ・ )
三月も頑張っていきましょー


カウントダウンも始まってますね

どーも、稲木です

さて、『王女メディア』の公演まで残り一週間ほどですよ

予約してくれました?ありがとうございます!
え?まだ?じゃあ予約しましょう( ・ ω ・ )

お陰様で予約分が満席になった回もあったりしまして、ありがたい限りでございますm(_ _)m

ありがたいもので、長い付き合いの友人達や最近知り合った方々からも「観に行くよー」なんて言っていただけまして、それだけ舞台に向けての熱量も増していきます

そうなんです、お客さんが来てくれるって、すごい嬉しいことなんです
声をかけてくれるって、すごくありがたいことなんです

仲が良かろうがそうでも無かろうが、知り合いか初めましてか、そんなことどうでもいいんです

ただお客さんが居て、その前で役を演じれる

そんな当たり前の幸福を、当たり前のように享受できる喜びを今後も味わうために、まずは次のイアソンとアイゲウスに心血を注ぎます

どんな役になるのか、どんな風に感じ取ってもらえるのか、今から楽しみで仕方ありません

もしこのブログを読んで、「王女メディア」の何れかの回を観て頂けたのなら、ぜひどんな風に感じたのか教えてください

よろしくお願いしますm(_ _)m


何を思い立ったか役作りの話

どーも、稲木です

『王女メディア』の公演まで1ヶ月を切り、残りの稽古も数えるほどになってきました!

さすがにこれだけやっていると、イアソンのこともアイゲウスのことも、かなり深く理解出来てきたと思います( ・ ω ・ )

この段階に至るまで、何度も試行錯誤を重ね、取捨選択をしてきました

これは個人的な考えなのですが、役というのは生まれると同時に殺されているんだと思っています

1つのシーンで何か1つ試す度に、新たな役が生まれます
その新たな役が古い役を殺し、その場に居座る感じです
仮に誰かに「前の方が良かった」と言われても、それは前の役ではなく、新たな役だと思うんです

新たな役は古い役を殺すわけですから、そこには罪の意識が無くては困ります
この場合の罪の意識とは、役に対する責任です
古い役が生きたであろう役としての人生を、新たな役が生きるんですから

そうやって何代も何台も繋いでいった結果、出来上がった屍の山に立っているのが、今の役です

まだまだ求められている高さには足りないのかも知れません
ですが、必ず間に合わせます!
そうでもしないと、死んでいった役に申し訳がないので(´・ω・`)

殺すという表現が受け入れづらい人は、役を壊すと認識してもらえると理解しやすいかと思います

急に何だよって?
特に意味は無いです!


直感は大事

どーも、稲木です

まずは、明けましておめでとうございますm(_ _)m

年も明けて、舞台の本番まで1ヶ月少々となりました
皆さん予約していただけましたか?

今回の『王女メディア』はラクーンとニャレフーという2つのチームがあります

役が変わるのは俺と西村さんだけなのですが、舞台の印象は大きく変わります

もしどちらを観るか悩んでいる方がいましたら、直感で選んでください
· · ·そりゃ両方観てくれたら嬉しいんですけどね、無理は言えませんから(´・∀・`)

観に来ていただいたお客様の心を少しでも揺さぶれるように稽古を進めております
観て損はさせないので、観劇のご検討をよろしくお願いしますm(_ _)m


今年何やってたっけな?

どーも、稲木でございますm(_ _)m

いよいよ2018年も終わり· · ·なんて感傷に浸ろうかとも思いましたが、ちょっと今年は色々ありすぎて整理しきれませんでした←

それほど多くの人と出会い、多くの芸術に触れ、数え切れないほど様々な経験をしました

そのほとんどは大して必要な経験では無いのかもしれません
ですが、得られた経験は今の役· · ·そしてこれからの役にきっと必要だと信じてやってきました

イアソンもアイゲウスも、まだまだ進化します
そしてそれと同じくらい、メディアをはじめとした『王女メディア』の全ての役が進化します

どんな作品に仕上がるかは、ぜひ皆さんの目で確かめてくださいm(_ _)m

· · ·前も同じことかいた気がするな· · ·まぁいいか( ・ ω ・ )


魅力と狂気

どうもー、稲木です

いつの間にか公演2ヶ月前ですね
この前も似たようなことを言った気がしないこともないですが、この際気にしないことにしましょう←

やりたい演技と求められてる演技がだいぶ重なってきて、イアソンのこともアイゲウスのこともかなり理解出来てきたと思います
そんな今だからこそ、メディアという女性の魔性の魅力を感じ取ることが出来ます

彼女ほど強く、迷いなく、真っ直ぐ道を進むことの出来る女性はいないでしょう
彼女ほど弱く、悩み苦しみ、歪んだ女性はいないでしょう

勝手ながらメディアという女性に、そういう印象を持っています( ・ ω ・ )

そんなメディアの魅力や狂気をより引き出し、お客様に伝える手伝いをするのが楽しみです
そんなメディアと面と向かって感情をぶつけ合えるのが楽しみで仕方ないです

さて、あの2ヶ月頑張りますかね(´・∀・`)